生活の知恵は役に立つ!

暮らしのアイデアから豆知識まで、毎日の生活を彩る情報をお届けします。

いつでも出来る目の運動!効果的な5つのかんたん視力回復トレーニング

視力が回復できる効果的なトレーニング

夕方になると目がかすむ、目が疲れると輪郭がなんだかぼやけてくる、そんな時に試してみたいのが、視力回復トレーニングです。

そこで、気がついた時に簡単に出来る、視力回復のトレーニング方法をご紹介します。

目の運動が大切

視力回復には目の運動が効果的といわれています。視力回復のほかにも、目の運動は視力低下の予防になります。

視力回復、そして予防をするためにも目の運動について知っておくことは大切です。視力を回復させるための目の運動は、それほど難しくはありません。

目の筋肉を鍛える

目の筋肉を鍛える視力回復トレーニング
出典:pakutaso.com

まず目をぎゅっとつぶり、しばらくしてから上を見ます。同じように、目を強くつぶって下、強くつぶって右、強くつぶって左と目をキープしていきます。

その後、8の字に指を動かして、それを目で追うようにします。こうすると外眼筋が鍛えられ、ピントが合いやすくなります。

マジカルアイを利用する

マジカルアイを使った視力回復トレーニング
出典:pinterest.com

マジカルアイを見るためには平行法か交差法という、目のピント調節機能が必要となります。

マジカルアイに用いる画像は、インターネットで簡単に検索することができますので、試してみると良いでしょう。

血流の流れを良くする

両目を閉じて軽く押したあと、目の前に指を立てて指先と遠くにあるものを交互に見つめます。 さらに、眼球を上下左右にぐるぐると動かしていきます。

閉じた両目を軽く押すのは、眼球を押すと血圧が下がるという説に基づいた眼球運動です。

遠近凝視トレーニング

視力が落ちる原因のひとつは、毛様体筋というピント合わせの調節機能を持つ筋肉が衰えるためです。

50センチほどの近くをじっと見てから、そのあと遠くの景色を見るという行動を交互に繰り返すことで毛様体筋に刺激を与えて鍛えることができます。

はっきり見たいと強く願う

はっきりと見たいと願う視力回復トレーニング
出典:pixabay.com

「もっとよく見たい」と強く願うことによって、脳の見たいという信号が活性化するそうです。

その結果、毛様体筋などの筋肉が「もっとよく見よう!」と刺激されて、焦点を合わせようとするのです。

視力が落ちているのはドライアイのせいかも

視力が落ちるのはドライアイが原因
出典:pixabay.com

涙の量が少なくなるドライアイでは、ものの見え方も悪くなることがあります。

目の表面にある乾いた部分と、涙がたまってぬれた部分で光の反射が変わってくることが原因です。

ドライアイの治療は眼科で受けることができるので、心当たりのある方は眼科で目薬を処方してもらったり、治療方法を確認したりするとよいでしょう。

以上、いつでも出来る目の運動!効果的な5つのかんたん視力回復トレーニング…でした。