生活の知恵は役に立つ!

暮らしのアイデアから豆知識まで、毎日の生活を彩る情報をお届けします。

風邪のひき始めに飲んではダメ!?知っておきたい風邪薬を飲む正しいタイミング

風邪薬を飲む正しいタイミング

くしゃみ・鼻水が気になったり、咳が出たりするなど風邪をひいたときに、仕事などで忙しくて病院へ行けない時など、市販の風邪薬を飲む機会があると思います。

しかし、なかなか治らないと思ったことはありませんか?それは、風邪薬の飲むタイミングや選び方が間違っているのかもしれません。

風邪薬は風邪を治すものではない?

市販の風邪薬を飲んでも、風邪は治りません。それは風邪薬が風邪を治すものではなく、症状を緩和させるものだからです。

解熱剤などを服用すると、菌を取り除くカラダの作用が弱くなってしまい、かえって風邪を長引かせてしまうこともあります。もちろん、市販の風邪薬は効果がない、服用してはいけない、ということではありません。一時的に風邪の症状をやわらげてくれるものなのです。

症状が悪化してからでは遅い

症状が悪化してから風邪薬を飲んでも遅い
出典:pakutaso.com

風邪を治すいちばんの方法は、自身の免疫力により風邪の原因となるウィルスを倒すことです。免疫力を保つためには、体力が必要となります。

そこで、風邪薬が体力を消耗させる発熱や咳といった症状を抑えて、結果的に免疫力を高める助けをするのです。

ですので、症状が悪化している時にこういった薬を飲んでも、タイミングとしてすてに遅いのです。

「風邪をひいたかもしれない」のタイミングで飲む

風邪薬は風を引いたかもしれないのタイミングで飲む
出典:photomaterial.net

そこで、「風邪をひいた」と思ってから飲むのではなく、「風邪をひいたかもしれない」と思った時点で飲むことが大切です。このタイミングを逃してしまうと、市販の薬ではなかなか風邪は治らなくなります。

のどの違和感や熱っぽさやだるさなど、何らかの違和感を感じたら、手元に準備している飲み薬を飲みましょう。

また、風邪のひき始めには、鼻水が出る、喉が痛いなど、ある特定の症状だけ出ている、ということも多いです。その場合は、その症状に合わせた風邪薬を選ぶと良いでしょう。

ライフスタイルに合わせて薬を選ぶ

生活習慣にあわせて風邪薬を選ぶ
出典:similar-image.com

薬は1日3回飲む、と決まっているわけではありません。しかし、1日3回服用と書いてあるものは、3回服用しなければいけません。昼の服用は難しい、という場合は1日2回服用する薬を選んでください。

風邪薬には眠くなる成分が入っていることも多いので、風邪の時は車の運転などは控えるようにしましょう。

以上、風邪のひき始めに飲んではダメ!?知っておきたい風邪薬を飲む正しいタイミング…でした。