読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活の知恵は役に立つ!

暮らしのアイデアから豆知識まで、毎日の生活を彩る情報をお届けします。

ホクホクの美味しい焼きいもを、自宅にある調理器具でつくる7つのレシピ

美味しい焼きいもを家庭にある調理器具で作る方法

焼き芋をつくるといえばやっぱりたき火ですが、焼き芋を作るためにたき火をするというのは、なかなか難しいものです。

そこで、自宅にある調理器具で、お店の石焼き芋のような、簡単にホクホクの焼きいもを作れる方法をご紹介します。

これらの方法で、食べきれなかった焼き芋も、美味しくアレンジして食べることが出来るようになります。

さつまいもの美味しさを引き出すには

さつまいもに含まれているでんぷんは、ゆっくり時間をかけて熱を加えると、糖分に変わるという特徴があります。

そのため、丸ごと蒸したり焼いたりする調理法が、さつまいものおいしさを十分に引き出せるのだそうです。

電子レンジでつくる

自宅にある電子レンジで焼きいもを美味しく作る
出典:pixabay.com

さつまいもをよく洗ったあと新聞紙に包んで、電子レンジで2分くらい加熱します。

触ると熱い程度(約60度くらい)に加熱します。重さ200g程度の芋だと1分半で、重さ500g程度だと3分くらいです。

この後がポイントで「解凍」でさらに10分加熱します。重さ200g程度の芋だと約9分で、重さ500g程度だと約12分です。

トースターでつくる

さつまいもをアルミホイルに巻いて、20分から30分ぐらい焼きます。

焼けたと思ったら一度アルミホイルを開けて箸をさしてみて、ひっかかりがなく下までスッと入ったら焼きあがりです。

手触りで全体的にやわらかくなっていれば食べごろです。

鍋でつくる

焼きいもを自宅にある鍋で作る
出典:pixabay.com

さつまいもを洗って、鍋に並べます。一番小さい弱火にかけたらふたをして、30~60分加熱します。

15分ほどしたら、さつまいもをひっくり返します。その後も15分ごとにさつまいもをひっくり返しましょう。

焦げ目のところからさつまいもの糖分が蜜のようににじんでいれば、甘みが最大限に引き出されています。

オーブンでつくる

さつまいもをよく洗いアルミホイルに包みます。その間にオーブンを200度に予熱しておきます。

予熱が終わったらさつまいもを入れて、30分程度焼くだけです。中まで柔らかくなっていれば出来上がりです。

炊飯器でつくる

炊飯器に、洗ったさつまいもを入れます。さつまいもが大きくて入らない場合は、半分に切ってから入れましょう。

さつまいもが隠れるくらいの水を入れて、炊飯器のスイッチを入れます。

30分~90分ぐらい炊飯して、さつまいもに串がスッと通ったらできあがりです。炊飯完了まで待つ必要はありません。

ストーブでつくる

焼きいもを自宅にあるストーブでつくる
出典:techs.co.jp

さつまいもを新聞紙で包んで、水でしっかりと濡らします。

新聞紙の上からアルミホイルをすき間なく巻き付けて、ストーブの上に置きます。

たまにひっくり返しながら全体を焼いていきましょう。

魚焼きグリルでつくる

よく洗ったさつまいもをアルミホイルで包みます。

魚焼きグリルの網にのせて、200℃で1時間ほど焼きましょう。

串を刺して中まで火がとおっていれば完成です。

以上、ホクホクの美味しい焼きいもを、自宅にある調理器具でつくる7つのレシピ…でした。