読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活の知恵は役に立つ!

暮らしのアイデアから豆知識まで、毎日の生活を彩る情報をお届けします。

気を付けたい年賀状のマナー。意外と知らない10個のしてはいけないこと

年賀状でしてはいけないこと

年賀状は、日頃お世話になっている人に感謝の気持ちを伝えるものです。同時に、普段なかなか会えない人に近況を報告できる一年に一度の機会でもあります。だからこそ、年賀状のマナーは大切にしなければなりません。

年賀状のマナーは、知っているようで意外と知らないものです。実は年賀状には最低限知っておきたいNGマナーがあり、知らないうちにマナー違反をして恥をかいてしまうことがあります。

そこで、年賀状を書くときの正しい書き方や、絶対やってはいけないタブーをご紹介します。

年賀状でしてはいけないこと

「新年あけましておめでとうございます」はNG

賀詞では「新年あけましておめでとうございます」という言葉に注意です。

新年は「年があけた」ことを表しているので、「あけまして」と意味が重複してしまいます。

「A Happy New Year」はNG

年賀状でA happy new yearはNG
出典:irasutoya.com

「A Happy New Year」は、「I wish you a happy new year.」「A happy new year to you.」を短くした表現です。

年が明ける前に使えば「よいお年を」のような意味となります。

年賀状における「新年おめでとう」は「Happy new year!」が正解です。

「一月一日元旦」「平成○○年一月元旦」はNG

「平成○○年一月一日元旦」という表現をよくみかけることがよくあります。

「元旦」にはもともと「一月一日」という意味を含んでいるので、重複表現となり誤りとなるのです。正解は単に「平成○○年元旦」だけとなります。

購入時からデザインが入っている年賀状には、「元旦」「謹賀新年」「賀正」などの文字がすでに印刷されているものが多いので、これらの単語を重複して書かないように気を付けてください。

「賀正」「迎春」などを目上の人に使ってはいけない

年賀状では目上の人に対して賀正や迎春を使ってはいけない
出典:irasutoya.com

「寿」や「迎春」「賀正」といった1文字や2文字の賀詞は、本来は目下の人向けとされているので、目上の人に使ってはいけません。

目上の人などに対しては「謹賀新年」や「恭賀新年」と表記するのが正解となります。

「、」や「。」などの句読点は書かない

基本的に年賀状の挨拶文には、「、」や「。」などの句読点は書かないのが慣習となっています。

これは昔の日本の手紙が、句読点を入れていなかったことから来ています。年賀状についてはこの慣習が残っているため、句読点を入れない様に心がけましょう。

句読点を入れないと読みづらくなってしまう場合は、改行するなどして、読みやすい文になるようにしましょう。

イメージの悪い漢字を使ってはいけない

「去年はお世話になりました」と書く人がいますが、「去」という漢字は避けるのが礼儀です。

「去年」は「昨年」か「旧年」と表現するのが正しい使い方です。

「去」以外にも、「弱」「戻」「崩」「別」「離」「朽」「倒」「敗」「流」「浅」「疎」「負」「往」「消」といった言葉も使うのを避けましょう。

自分の近況は後回しで

年賀状では自分の近況は後回しにする
出典:pakutaso.com

年賀状は相手の新年を御祝いするためのものです。

相手のことを思いやる言葉をまず書いて、その上で自分の近況を書き添えましょう。

自分の話は2割程度に抑えるのがマナーです。

赤インクはマナー違反

目上の人や取引先などに出す年賀状は、黒インクのペンや、筆ペン、毛筆で書きましょう。間違っても赤インクを使ってはいけません。

万年筆の黒・濃紺・青は使っても良いとされています。宛名も同様です。

印刷のみは味気ない

年賀状が印刷だけでは味気ないのでNG
出典:photomaterial.net

印刷のみの味気ない定型文では、心のこもったご挨拶とはいえません。

たったひと言でも充分ですので、手書きでコメント書くようにしましょう。

印象付けたり、ご縁を繋ぐ効果もあります。

修正テープや修正ペンでごまかしてはいけない

当たり前のことなのですが、ペンや筆で文字を間違えて書いてしまったら、新しいはがきに書き直しましょう。

修正液や訂正線で修正した年賀状を送るのは大変失礼にあたります。

一文字ずつ心を込めて書けば、失敗も少なくなることでしょう。

以上、気を付けたい年賀状のマナー。意外と知らない10個のしてはいけないこと…でした。