生活の知恵は役に立つ!

暮らしのアイデアから豆知識まで、毎日の生活を彩る情報をお届けします。

穏やかな寝相は不安の表れ!?寝相でわかる性格診断と深層心理

寝相でわかる深層心理と性格診断

寝つくときの姿勢は、多くの人で毎日ほぼ決まっています。逆に、抑制が利かなくなる寝相にこそ、本当の性格が出ているといわれています。

自分自身の寝相を自分の目で見ることはできません。寝ているときにしていることは、潜在意識の中で行っています。寝相にはあからさまな自分自身が表れているのです。

そこで、寝姿勢によって性格判断ができるという面白い研究報告をご紹介します。

寝相でわかる深層心理

うつ伏せで寝る

うつ伏せ寝でわかる深層心理と性格診断
出典:girlydrop.com

うつ伏せで寝ることは、支配心の表れだといわれています。

几帳面で、正確に物事を処理するのを好み、無理を避ける傾向があるようです。

胸の上で手を組んで寝る

胸の上で手を組んで寝ることは、一見穏やかな眠りをしていそうに見えますが、実はかなり深刻な悩みを持っている人がこのような寝姿になるそうです。

突然不安に襲われたりしますが、外面には弱さを出さないので、余計ストレスになっていることがあるのです。

仰向けで寝る

仰向け寝でわかる性格診断と深層心理
出典:pixabay.com

仰向けに寝る人は、自分に注目を集めるのが好きなタイプで、子どもやタレントに多く見ることができます。

性格としては、自己中心的で積極的であり、開放的な傾向があります。

横向きで丸まって寝る

横向きで丸まって寝るタイプは、警戒心が強い一方で1人でいられない甘えん坊です。

誰かに依存したいという気持ちが姿勢に表れるのだそうです。

横向きで少し膝を曲げて寝る

横向き寝でわかる深層心理
出典:pixabay.com

この寝相の人は、バランスのとれた性格で人に安心感を与えるタイプです。

常識や協調性を備えていて、人付き合いにおいてもストレスを溜めにくい傾向があります。

ひざまずいて背中を丸く持ち上げて寝る

この寝相のタイプは、小さな子供によくみられます。また、眠りの浅い人やよく眠れない人にも多いです。

日常の生活が頭から離れずに、起きている昼間の世界に戻ろうと望んでいるといわれています。

布団に潜り込んで寝る

寝相でわかる性格診断と深層心理
出典:pixabay.com

布団に潜り込んで寝る人は、深い洞察力を持ったタイプで、物事を慎重に考えています。

しかし、それ故に些細なことに悩んで、大きなストレスを抱えることもあります。

足をクロスさせて寝る

寝ている間にくるぶしを交差させるのは、不安感や悩み事があることの表れです。

仕事や人間関係でトラブルを抱えている人に多い寝相だといわれています。

楽な姿勢で寝ればOK

人は寝ている間に20回以上も寝返りを打つので、一つの姿勢をとり続けているわけではありません。

もともと筋肉や関節は、動くためにあるもので、睡眠中だからといってこれらが動かないでいると、不自然な状態で固まってしまいます。

安眠できる姿勢も人それぞれで、どの姿勢をとればよいとも一概には言えないのです。

以上、穏やかな寝相は不安の表れ!?寝相でわかる性格診断と深層心理…でした。