生活の知恵は役に立つ!

暮らしのアイデアから豆知識まで、毎日の生活を彩る情報をお届けします。

知らないともったいない!?ワインをもっと美味しく飲むための正しい順序

wワインを美味しく正しい飲む順序

種類やタイプの異なるワインを2本以上飲もうとする場合、先にどれから飲もうか迷うことはありませんか。または、ワインを飲んでいるときに「思ったより、ワインの味がしない?」と思ったことはありませんか。それは、ワインを飲む順序に原因があるのかもしれません。

そこで、ワインを美味しく飲む方法である、正しい飲む順番についてご紹介します。

ワインの特徴や魅力を存分に味わいながら飲むためには、ワインの種類やタイプによって飲む順番を考える必要があるのです。

ワインを美味しく飲む正しい順番

1.軽いタイプから重いタイプ

軽いワインを先に重いワインは後で飲む
出典:pixabay.com

人間の味覚は、強い味や濃い味を口にするとそれに慣れてしまって、軽い味や薄い味を感じ取る力が弱まってしまいます。このため、基本的には軽いタイプのワインから重いタイプのワインへの順番で飲むのが良いとされています。

重いタイプのワインを先に飲んでしまうと、後から飲んだ軽いタイプのワインがより軽い味わいにしか感じられず、そのワイン独特の味わいが分からなくなってしまいます。

2.白ワインから赤ワイン

白ワインを先に赤ワインを後に飲む
出典:pixabay.com

最初に白ワインを飲んでから、赤ワインを飲むようにしましょう。

赤ワインには濃い味のタイプが多く、先に赤ワインを飲んでしまうと、その後に飲む白ワインの風味は感じられにくくなります。すっきりした白ワインを飲んだ後に、深みのある赤ワインを飲むほうが、変化する舌に合わせて飲むことができるでしょう。

3.辛口タイプから甘口タイプ

ワインは辛口を先に甘口を後に飲む
出典:pakutaso.com

シャープですっきりとした味わいの辛口タイプのワインを先に、糖度の高い甘口タイプのワインを後から飲むようにします。

甘口タイプのワインの後に辛口タイプのワインを飲んでしまうと、辛さを余計に強く感じてしまうため、辛口タイプのワイン独特のふくよかな風味を感じ取りにくくなってしまうのです。

4.若いワインから古いワイン

若いワインを先に古いワインは後から飲む
出典:pixabay.com

年代が若いワインから古いワインの順で飲むのが決まりです。 年代が古いほうが上質のものが多く、深い味わいを楽しみやすくなります。

時の流れを意識しながらワインを飲むことで、味わいに加えて歴史的な深みも感じられることでしょう。

難しく考える必要はない

ワインを飲む順番は難しく考えなくてよい
出典:pakutaso.com

ワインだけを飲むのであれば、ご紹介した順番を守って飲めば、おいしく飲むことができます。あくまでも基本的なルールなので、雰囲気や一緒にいただくお料理に合わせて変えてもかまいません。

ただひとつ、複数のワインがあって種類を替えるときは、グラスも新しいものに替えるか、もしくはグラスを洗ってからワインを注ぐように気をつけましょう。

以上、知らないともったいない!?ワインをもっと美味しく飲むための正しい順序…でした。