読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活の知恵は役に立つ!

暮らしのアイデアから豆知識まで、毎日の生活を彩る情報をお届けします。

「とんでもございません」は使ってはダメ!?間違えやすいビジネス敬語10選

間違いやすいビジネス敬語

間違った敬語を使っていると 相手が不快に感じるばかりか、ビジネスも成功しなくなることもあります。

そこで、つい使ってしまって恥をかくことのないように、特に注意が必要な間違いがちなビジネス敬語をご紹介します。

間違いがちなビジネス敬語

× とんでもございません

 ○ とんでもないことでございます

「とんでもない」が1つの言葉なので、「ない」を「ございません」には置き換えることができません。「とんでもないことです」でもOKです。

× ~様でございますね

 ○ ~様でいらっしゃいますね

「ございます」は「ある」の丁寧語であって、尊敬語ではありません。また、通常は、「あちらに公園がございます」など物事に対して使う言葉です。

~様でございますねは間違ったビジネス敬語
出典:pixabay.com

× すみません

 ○ 申し訳ありません/恐れ入りますが

お詫びなら「申し訳ありません」、相手に頼みごとをするなら「恐れ入りますが」を使いましょう。「すみません」では気持ちは伝わりません。

× ご苦労さまです

 ○ お疲れさまです

「ご苦労さま」は目上の人が目下の人に使う表現です。

× よろしかったでしょうか

 ○ よろしいでしょうか

バイト敬語の「よろしかったでしょうか」は、自分の考えを相手に押し付けているようで、不快感を与えてしまうことがあります。

× お休みを頂いております

 ○ 休みをとっております

「お休みを頂いております」は、自社に対してへりくだる形になっています。社外の方へ休みを伝える時に、自社に対して敬語を使うべきではありません。

× ~になります

 ○ ~でございます

「~になる」という表現は、「~に成る」という場合以外には使わないようにしましょう。

~になりますは間違ったビジネス敬語
出典:pixabay.com

× ご利用できません

 ○ ご利用になれません

「利用」はお客様の行為なので、「できる」「できない」は失礼です。「ご利用になれます」もしくは「ご利用になれませんが…」を使いましょう。

× おっしゃられました

 ○ おっしゃいました

一見正しいように思いますが、「おっしゃられる」は「おっしゃる」と「られる」という二つの敬語を含んでいます。これは二重敬語といって誤った使い方なのです。

おっしゃられましたは間違ったビジネス敬語
出典:pixabay.com

× 了解しました

 ○ かしこまりました

仕事関係で、上司に使うことの多い言葉ですが、実は、間違った敬語です。こういうちょっとした敬語を、正しく使うだけで、出来る人間に見えます。

以上、「とんでもございません」は使ってはダメ!?間違えやすいビジネス敬語10選…でした。