生活の知恵は役に立つ!

暮らしのアイデアから豆知識まで、毎日の生活を彩る情報をお届けします。

サプリが効かない人の、せっかくのサプリメントを無駄にしてしまう勿体無い飲み方とは

サプリメントがダメになるNGな飲み方

サプリメントを飲んではみたものの、あまり効果を感じられず、結局長続きしなかったという方は多いようですが、サプリメントは飲み方によって十分に効果が発揮されない場合があるのです。

そこで、サプリメントを無駄にしてしまう間違ったダメな飲み方をご紹介します。

サプリメントは上手に活用すれば、食事でまかないきれない栄養素を補うことができます。せっかくのサプリメントですので、効果を100%引き出してあげましょう。

サプリメントがダメになるNGな飲み方

1.水と一緒に飲んでいない

サプリメントは水といっしょに飲む
出典:pixabay.com

サプリメントは基本的に、コップ1杯程度の水で飲むが原則です。水は胃を刺激して運動を高め、栄養をいち早く小腸へ移動させます。

ちなみに、お茶やコーヒーはご法度です。カフェインやタンニンなどが栄養素とくっつき、吸収が悪くなってしまいます。

2.飲んだり飲まなかったりしている

サプリメントは継続的に飲み続けることで、カラダを作っている細胞のすみずみまで栄養素が行き渡ります。

1日飲んでは数日さぼる、というような不規則なサプリメントの飲み方をしていては、その効果を発揮することはできません。

3.多種のサプリを併用している

多種のサプリを併用していると効きにくい
出典:pixabay.com

健康に気を使う人ほど、何種類もサプリメントを併用してしまいがちですが、それが市販のサプリメントだと、成分を重複して摂ってしまう可能性があります。

複数のサプリメントを摂取する場合は、組み合わせや同じ成分が配合されていないことを、裏面を見てしっかり確認しましょう。

4.飲むタイミングがあっていない

私たちの身体には、体内のリズムにより吸収率の高い時間があります。

ビタミンCやビタミンB群などの水溶性ビタミンは、比較的早く代謝されるので、こまめに摂取すると良いでしょう。また、ビタミンA、D、Eなどの脂溶性ビタミンは、脂肪分と一緒に摂ると吸収率が高まります。

5.形状がライフスタイルにあっていない

形状がライフスタイルと合っていないサプリは効かない
出典:pixabay.com

忙しいとサプリを飲み忘れてしまうことがあると思いますが、それはサプリの形状がライフスタイルに合っておらず、飲みにくいことが原因かもしれません。そうなると期待するほどの効果が得られない場合も多いようです。

その場合は、パウダーやドリンクなど違った形状を試してみるとよいでしょう。

以上、サプリが効かない人の、せっかくのサプリメントを無駄にしてしまう勿体無い飲み方とは…でした。