読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活の知恵は役に立つ!

暮らしのアイデアから豆知識まで、毎日の生活を彩る情報をお届けします。

目玉焼きが作れる!?知っておくと便利な電子レンジの7つの意外な使い方

電子レンジの毎日の生活が便利になる賢い使い方

多くのご家庭でお持ちの電子レンジ。食べ物を温めるだけに止まらず、今や料理の主役的な存在にもなっていますが、電子レンジの力はそれだけではありません。

そこで、電子レンジの知っていると便利な意外な使い方や、裏ワザをご紹介します。

電子レンジは、いろいろな場面で役に立ちます。知らないと損することばかりです。これからは、賢く電子レンジを使っていきましょう。

電子レンジを賢く使う方法

1.卵を調理する

電子レンジを使えば、ポーチドエッグや目玉焼きが簡単に作れます。

目玉焼きをつくるときは、皿を予め温めておき、バターを足して卵を皿の上に割ります。そして、黄身を上にして45秒間加熱します。

ポーチドエッグであれば、電子レンジ対応のボールの半分を水で満たし、卵を割ってその水の中に落とします。皿でそのボールを覆い60秒間加熱すれば出来上がります。

2.豆腐の水切り

電子レンジは豆腐の水切りに使える
出典:pinterest.com

豆腐の水きりは時間がかかって面倒だと思われがちですが、電子レンジを使えば手軽にできてしまいます。

キッチンペーパーに包んだ豆腐を耐熱容器にのせて、豆腐100gあたり電子レンジで約1分加熱します。

3.果汁を絞りやすくする

レモンなどを最後まで絞り切れないと感じたときに、電子レンジを使ってみましょう。

絞る前に20秒間最高出力で加熱すると果実が柔らかくなり、最後の一滴まで絞りやすくなります。

4.固まったハチミツを戻す

電子レンジで固まったハチミツを戻す
出典:pinterest.com

はちみつが固まってしまっても捨ててはいけません。

電子レンジの解凍機能で30秒温め、その後よくかき混ぜます。これをはちみつが元通り滑らかになるまで続けてください。

5.バターやゼラチンを溶かす

電子レンジと耐熱皿を使うと、バターやゼラチンを溶かすのも簡単にできます。

バターの場合は、バター10gに対し20秒を目安に加熱します。粉ゼラチンなら、5〜6gに対し、水を大さじ2杯程度混ぜて少しふやかした後に約20秒温めます。

6.固まった砂糖をサラサラにする

電子レンジを使うと固まった砂糖をさらさらにできる
出典:pixabay.com

固まって削らなければ使えないような砂糖も、電子レンジで問題が解決します。

電子レンジ対応のボールに砂糖を入れて、上から濡れタオルをかぶせます。そしてサラサラになるまで15秒ごとに最高出力で加熱しましょう。

7.乾物をもどす

干ししいたけや切り干し大根、ひじきなどの乾物は、ふつうもどすのに数時間かかりますが、電子レンジを使えば数分で戻せます。

まず、耐熱ボウルに乾物と水を入れて3〜4分レンジで温めます。そして、レンジから出して5〜10分程度置いておくと、簡単にもどります。

以上、目玉焼きが作れる!?知っておくと便利な電子レンジの7つの意外な使い方…でした。